審査に通るための注意点

カードローンは、申込めば誰でもお金を貸してくれるわけではありません。カードローン申込時には審査があります。カードローン申込者の中には、審査が一番不安だという人も少なくありません。審査の何が不安かによって、取れる対策も変わってきます。

 

収入が少ない、正規雇用でないなどの理由で審査が不安だというのであれば、大手消費者金融がねらい目です。大手消費者金融の貸付け実績は長く、審査に対しても柔軟に対応してくれます。正規雇用でなくとも借入れ実績に問題がなければ、きちんと審査を行ってくれます。収入や雇用形態に不安があるならば、申込み金額を少なめにしておいた方が、スムーズに通りやすくなります。

 

自分自身に収入がない、あるいはパートの主婦であれば、銀行系カードローンがねらい目です。消費者金融は年収の1/3を超える貸付けを禁止されていますが、銀行なら専業主婦貸付け可能な所も多いです。専業主婦の場合、限度額が少なくなるケースが多いですが、それでも限度額30万円程度のカードローンなら、組むのも難しくはありません。

 

ただし気をつけておくべきは、全ての銀行で主婦への貸付けに対応をしているわけではない点です。銀行の中でも自身で安定した収入がないと申込みが行えないところがあり、メガバンクの高い信頼性と低い金利で人気となる三井住友銀行カードローンの最短即日融資は収入が無い主婦の方は借りられません。

 

銀行だからどこでも対応ができると勝手に判断をしてしまうと申込みが無駄に終わる可能性があるので、利用条件はしっかりと事前に確認をしておく必要があります。

 

また、審査の通るための話に戻すと、すでに他社で借入れしている人や、他社のカードの返済が遅れた経験があって不安だという人は、中小規模の消費者金融がねらい目です。中小規模の消費者金融は、大手で落ちた人をターゲットにしている部分があります。大手で駄目だったような、現在までのローン関連の履歴に問題がある人でも、中小規模の消費者金融なら審査に通る可能性があります。